2月4日国民救援会中央本部副委員長「本藤氏」を
迎えて学習会を開催

倉敷事件の真相をよく理解するため39人が集まりました。
検察の主張する脱税幇助はいわれのない「冤罪事件」であり、税理士法違反容疑は
「弾圧事件」であるということが少しずつ理解出来たように思います。
全国の民商に圧力をかけ、最初から脱税と決めつける
検察の在り方に憤りを感じます。会員が力をあわせ
この弾圧と戦わなければなりません。


2月4日学習会
コメント
コメントする